主婦がパチンコで作ってしまう借金

主婦がちょっとしたきっかけでギャンブルにはまってしまうことがあります。

きっかけは人それぞれ色々あるでしょうが、ストレス発散になったり、ギャンブルに買った時の興奮が忘れられなくなって行き続けてしまうものにパチンコがあります。

主婦ということもあって最初は少ない投資金額で遊んでいたはずが、どんどんはまってしまい負けが続いてもまたいくらでも取り戻せると投資を続けてしまうことがあります。

すると借金をするようになり、その返済のためにまたパチンコに行くという負のスパイラルが待っているのです。

主婦が抱える借金とはいくらくらいが多いのでしょうか?借金は人によって数十万円から数百万円と様々です。

いくらくらいだったら大丈夫というものでもないのですが、主婦が借金を返すのは大変なことです。

パチンコは節度をもってお小遣いの範囲で楽しむ分には、ストレス発散にも効果があるかもしれません。

大切なことは、自分の中でしっかりとした意思をもって遊ぶことです。

どうしてもやめられない時は誰かに相談することも必要です。

匿名で相談に乗ってもらえる電話相談もありますし、各自治体で行っている相談窓口もあるので、一人で悩まず無理をしないことも大事なのです。

パチンコの借金の返済が難しく完済できそうにない時

パチンコにはまってしまって、借金をしてしまい返済もおぼつかなく完済が難しそうだという人は少なくありません。

そのような時にはどうしたら良いのか困ってしまうものですが、その場合まだパチンコを続けているようであればそれをやめるところからはじめましょう。

完全に遊びで済まされる範疇にまで自制をすることができるというのであれば、続けていても大きな問題にはなりませんが現実的には借金を作ってしまうほどにのめり込んでいたパチンコを遊びの範囲で留めるのは困難なものですから、借金の返済中は完全に断つことが重要であり完済するまでホールには行かないという気持ちを持つことが大切です。

大きな支出の原因をストップさせれば返済にも余裕が出てきて、完済の目が見えてくるのでまずは大元であるパチンコをやめるところから始める必要があるのです。

すでにやめていてそれでも返すことが難しいぐらいの金額に膨れ上がってしまっている場合には、法律相談所の無料相談などを利用して債務整理の方法をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

借金の問題というのは悩んでいても解決をするものではありませんから、専門家に相談をして解決策を提示してもらうのが効果的です。

パチンコで借金がある場合は弁護士に相談

パチンコなどのギャンブルで借金がある場合は、弁護士に相談した方が安心です。

日本では、パチンコなどギャンブルに夢中になって、ギャンブル依存症になってしまう人が増えています。

ギャンブル依存症は、病的賭博のことで、国際保険機構でも認められている病気です。

病気なので、自分で治すことは難しく、専門家のサポートが必要なケースが多いです。

パチンコ依存症の場合、2つの対策が必要となります。

ひとつは、カウンセリングや治療を受けて依存症を治すことです。

最近は、精神科医などが中心になって、様々な治療プログラムが日本全国で行われています。

ギャンブル依存症がひどくなり、うつ病を発症する人もいるので、早めに治療を受けた方がいいのです。

ギャンブル依存症で解決すべき問題のひとつに、借金があります。

借金を抱えていると、精神的にも参ってしまう人が多いのです。

パチンコ依存症で借金を重ね、返済が難しくなっている人も少なくありません。

そのような場合は、弁護士に相談することで、債務整理などの道を選ぶことができます。

また、長年カードでお金を借りていた人の中には、過払い金が返ってくるケースもあります。

過払い金の返還請求には時効があるので、早めに弁護士に相談して行動を起こすことが大事です。

パチンコの借金について弁護士に任意整理と破産の手続きを依頼

パチンコが大好きという人は少なくありません。

うまく台に当たると、あっという間に儲けがでる楽しみは、快感になります。

でもいつもうまくいくわけではなくて、負けてしまうこともあります。

でも明日はまたうまくいくのではないかと思い、パチンコに行ってしまうのでしょう。

ただお小遣いの中でいくのでしたら問題はないですが、仕事をさぼってのめり込んでしまったり、人から借金してからとか、消費者金融からお金を借りてまでのめり込むというのは、普通ではありません。

それはもうパチンコ依存症になっているのです。

依存症というのは立派な病気ですから自分の意思をコントロールする状態にはないという状態です。

膨らんでしまった借金で身動きができなくなっている場合は借金を整理していくことが必要です。

それには弁護士に任意整理を依頼することも1つの方法です。

任意整理は、弁護士と貸金業者が直接交渉していくものです。

借金でどうにもならないという場合は自己破産の手続きをお願いするケースもあります。

ちょっとした軽い気持ちでパチンコをしたことで、任意整理や自己破産になるケースになるのが依存症の怖いところです。

破産になっては社会的な信用もなくなりますから、そうなる前に家族や知人の相談することも必要です。

参考情報

パチンコの借金が膨らんでしまうと生活苦になってしまいますよね。

そのような時には、このサイトを参考に、借金苦の解消にとりくむのが最善です。

あなたには、死にたいと思ったことはありませんか?または、死にたいほど苦しかったという経験をおもちですか?

一般の方は死にたいなどと思うことは少ないと思いますが、借金などで苦しんでいる人の殆どは、数回は、死にたいと思ったことがあるのだろうと思います。

それは、本当に死にたいと思うくらい、借金苦は辛いからです。

そのようにならないためにも、ご参考までにどうぞ。

参考情報

借金苦で死にたいと思った体験談とその結末